メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

バイドゥが米上場廃止検討 中国の検索大手、米中対立激化で ロイター報道

中国の検索大手「バイドゥ」のシリコンバレー研究所=米南部カリフォルニア州で2017年9月、清水憲司撮影

 ロイター通信は21日、中国の検索大手、百度(バイドゥ)が、米株式市場ナスダックの上場廃止を検討していると報じた。中国による新型コロナウイルスの初動対応を巡って米中対立が激化し、米国が中国企業の規制を強めていることが背景にある。

 バイドゥは2005年にナスダックに上場したが、このところ株価が低迷して…

この記事は有料記事です。

残り216文字(全文366文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 都知事選に出るワケ 熊本知事から「タイムリミット」示された副知事の決断

  2. 法務省「黒川氏の退職、捜査に支障ない」 定年で「重大な障害」だったのでは?

  3. コロナ鎮めて! 群馬・「妖怪」だるま

  4. 最も評価する政治家は大阪・吉村知事 2位東京・小池氏 発信好感 毎日新聞世論調査

  5. 「民度が違う」発言で麻生氏がさらした決定的な事実誤認とは

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです