メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

バイドゥが米上場廃止検討 中国の検索大手、米中対立激化で ロイター報道

中国の検索大手「バイドゥ」のシリコンバレー研究所=米南部カリフォルニア州で2017年9月、清水憲司撮影

 ロイター通信は21日、中国の検索大手、百度(バイドゥ)が、米株式市場ナスダックの上場廃止を検討していると報じた。中国による新型コロナウイルスの初動対応を巡って米中対立が激化し、米国が中国企業の規制を強めていることが背景にある。

 バイドゥは2005年にナスダックに上場したが、このところ株価が低迷して…

この記事は有料記事です。

残り216文字(全文366文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「市にうそつきと思われショック」児童扶養手当、突然の打ち切り 元夫の意外な行動

  2. ORICON NEWS 香取慎吾、SNS上の誹謗中傷を捜査する刑事役「ドラマが持っている力」に期待

  3. 「地域から協力金集めて慰安旅行」 幽霊消防団員巡り告発続々 地域社会にあつれき

  4. 「こんな日が来るとは」 大相撲・大栄翔の埼玉出身力士初Vに県民歓喜

  5. #自助といわれても 気づいたら全財産103円 42歳女性が「見えない貧困」に落ちるまで

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです