特集

新型コロナウイルス

新型コロナウイルスのニュース、国内での感染状況を報告します。

特集一覧

スダチ、近江牛、クロマグロ…地域ブランド産地がピンチ 需要急減で値下がり

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
勝浦漁港には立派なクロマグロが多数水揚げされるが今はピンチだ。写真は過去の水揚げの様子=和歌山県那智勝浦町で2017年1月13日、神門稔撮影
勝浦漁港には立派なクロマグロが多数水揚げされるが今はピンチだ。写真は過去の水揚げの様子=和歌山県那智勝浦町で2017年1月13日、神門稔撮影

 新型コロナウイルスの影響で、地域ブランドも苦境に立たされている。料亭や和食店、旅館などの休業や営業時間短縮が長引き、外出自粛要請もあり需要が激減。全国で緊急事態宣言は解除されたが価格は下がったままで、関係者は頭を抱える。

高級品ほど値崩れ

 刺し身や焼き魚に添えるスダチ。高級料亭などで使われるハウス栽培は緊急事態宣言発令後、大きく値崩れした。100%近い国内シェアを誇る徳島県のJAアグリあなん(同県阿南市)によると、料亭などに卸す「赤秀(あかしゅう)」と呼ばれる規格の下落が特に顕著という。濃い緑色の果皮に色むらもない赤秀は、1年前の2019年4月20日には1キロあたり2041円だったが、今年4月20日には同761円に。さらに飲食店の休業や営業短縮が広がった5月には、650円を割り込んだ。色むらや果皮に傷のある規格の価格は前年比約5割で、高級品ほど値崩れしている。

 温室で約500本のスダチを育てる農家の久禮羽(くれは)哲(さとし)さん(58)=同県阿南市新野町=は「親の代から40年続けているが、ここまで極端な値崩れは初めて。ハウスを加温する重油代くらいしか残らず、貯金を取り崩して栽培を続けるしかない」とうつむく。

この記事は有料記事です。

残り1015文字(全文1527文字)

【新型コロナウイルス】

時系列で見る

関連記事

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集