メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

中国、全人代が開会 経済成長率目標、設定見送り 李克強首相が施政方針

中国全人代に臨み、マスク姿の代表らに拍手で迎えられる習近平国家主席=北京で2020年5月22日、AP

 中国の国会にあたる全国人民代表大会(全人代)が22日午前、北京の人民大会堂で開会した。新型コロナウイルスの感染拡大の影響で3月から開催が延期されてきたが、李克強首相は施政方針に当たる「政府活動報告」で「武漢と湖北省を守る闘いに勝利し、決定的な成果を上げた」と強調した。ただ、今年は毎年発表してきた経済成長率目標の設定を見送り、徹底した感染予防と、一時はマイナス成長に落ち込んだ経済の回復の両立を目指す。

 また、全人代に提出された2020年の予算案によると、国防費(中央政府分)は前年実績比6・6%増の1兆2680億元(約19兆1700億円)。伸び率は19年(前年比7・5%増)を下回ったが、対米摩擦の激化を背景に経済の停滞が鮮明になる中でも高い水準を維持した。

 大会冒頭、習近平国家主席ら出席者全員が起立し、感染症で亡くなった人々に1分間の黙とうをささげた。李氏は政府活動報告で、感染封じ込めを、習主席のリーダーシップによる「共産党の指導」で実現したと強調。「透明性の高い責任ある態度」で対応したと主張し、初動や情報公開を巡る米国などの批判に反論した。

 一方、経済運営に関しては「今後の一時期において我が国が直面する試練はこれまでになく厳しい」と強い危機感を示し、政策手段を総動員して「経済の好循環を実現させる新たな道へと踏み出す」と強調した。

 中国の19年の実質成長率は6・1%で、目標に設定した「6~6・5%」の範囲内だった。感染拡大に伴う生産、消費の停滞で20年1~3月期の成長率はマイナス6・8%に沈んだ。李氏は新型コロナの影響による海外経済の混乱など「経済・貿易の不確定性が非常に高く、予測困難な要因…

この記事は有料記事です。

残り485文字(全文1191文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 生田斗真&清野菜名が結婚発表「お互いを支え合いながら共にこの危機を乗り越え」

  2. 自衛隊員の「テンピン停職」知りながら…法務省、黒川氏処分の「参考にせず」

  3. 猛毒「フッ化水素酸」か、こぼれ異臭 東京・秋葉原の路上、けが人なし

  4. 北九州の新型コロナ新たに5人感染 14日連続で累計135人に

  5. 横田滋さん死去 87歳 北朝鮮拉致被害者・めぐみさんの父 家族会元代表

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです