メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

コロナで異例の中国全人代 感染対策の成果強調 欧米には反論

北京の人民大会堂で開催された全国人民代表大会の開会式に出席する習近平国家主席(左)と李克強首相=2020年5月22日、ロイター

 異例づくしの全人代は、新型コロナウイルス感染症で亡くなった中国本土の約4600人への黙とうで始まった。壇上の習近平国家主席ら指導部メンバーをのぞき、約3000人の全人代代表はマスク姿で、事前にPCR検査を受けて会議に臨んだ。政府活動報告の分量は2019年の半分程度。感染対策として時間を短縮するためとみられる。

 「人民が壮絶な努力と犠牲を払った結果、感染対策は大きな成果を収めている。感染は今なお収束しておらず、発展の任務は極めて重い」。李克強首相は真っ先に感染封じ込めと経済回復という二つの課題に言及した。

この記事は有料記事です。

残り1801文字(全文2056文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「昇給に影響」総務課長が職員30人にメール パワハラで訓告 東山梨消防

  2. 大阪モデル基準変更 吉村知事「誤解与えないため」、山中さん「信頼揺らぐ」

  3. 「アベノマスク着用」 中学校で配布プリントに記載、保護者に謝罪 埼玉・深谷

  4. 「政権の終わりが見えた」支持率急落、自民主流派も首相を公然と批判

  5. コロナで経済苦の女性狙う キャバクラに勧誘容疑で少年逮捕 福岡

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです