メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

勉学も就活も…学生支援いろいろ 秋田の大学、図書郵送やウェブ面接スペース

学生向けに図書の発送準備をする秋田県立大の職員たち=秋田市の県立大秋田キャンパスで2020年5月21日、川口峻撮影

 新型コロナウイルスの感染拡大で授業や就職活動に影響が出ている学生らを支援する動きが秋田県内で始まっている。

 授業が全てオンラインで行われ、人影がなく閑散とした県立大秋田キャンパス(秋田市)。新型コロナ拡大の前は、学外の利用者もいたという図書館で、職員が本の梱包(こんぽう)作業を進めていた。

 同大では授業や学習に必要な資料をメールで受け付け、無料で学生に郵送するサービスを11日から始めた。通常より貸出冊数の上限も増やし、返却期限も2週間から10月1日までに延ばした。既に20件の貸し出しがあったといい、10冊の依頼もあったという。学生からは「サービスが勉学のモチベーションにつながる」などの声が寄せられている。

 同大では学内からしかアクセスできなかった電子ブックやデータベースを学外からも利用できるようにするなど、学生の不便解消に努めている。司書の佐藤美穂さん(46)は「学生ごとに合わせた細やかなサービスが必要。求められる照会を行いたい」と話す。

この記事は有料記事です。

残り469文字(全文895文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 呼吸困難や倦怠感…実は深刻なコロナ後遺症 病院で相手にされず 医師「国は対策を」

  2. 「多くの人が納得し喜んでくれている状況ではない」 秋篠宮さま会見全文

  3. 「親としては尊重。結婚を認める」 秋篠宮さま、眞子さまの思い表明に

  4. 拙攻に走塁ミス…パナソニック監督「野球の怖さ出た」 四国銀行に敗れ 都市対抗

  5. 「結婚は認める」しかし… 秋篠宮さま、重い立場に複雑 「見える形」での説明求める

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです