特集

新型コロナウイルス

新型コロナウイルスのニュース、国内での感染状況を報告します。

特集一覧

京都市、追跡サービスでコロナ感染拡大防止 6月初め導入へ プライバシーに配慮

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
京都市役所=飼手勇介撮影
京都市役所=飼手勇介撮影

 京都市は21日、新型コロナウイルスの感染拡大防止策として、接触した可能性のある人を迅速に把握するシステム「京都市新型コロナあんしん追跡サービス」を導入すると発表した。店舗などに設置したQRコードを通じて利用者のメールアドレスを把握し、感染者が判明した際には一斉に通知する。6月初めの運用開始を目指す。

 追跡サービスは、市に利用申請をした店舗等にQRコードを掲示。店舗の利用者はスマートフォンなどでQRコードを読み込み、メールアドレスや利用日時を登録する。感染者が確認された際は、同じ日時に居合わせた人に、感染者の発生と保健所への相談方法などを記したメールを送って注意喚起する。

この記事は有料記事です。

残り183文字(全文472文字)

【新型コロナウイルス】

時系列で見る

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集