メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

京都市、追跡サービスでコロナ感染拡大防止 6月初め導入へ プライバシーに配慮

京都市役所=京都市中京区で、飼手勇介撮影

[PR]

 京都市は21日、新型コロナウイルスの感染拡大防止策として、接触した可能性のある人を迅速に把握するシステム「京都市新型コロナあんしん追跡サービス」を導入すると発表した。店舗などに設置したQRコードを通じて利用者のメールアドレスを把握し、感染者が判明した際には一斉に通知する。6月初めの運用開始を目指す。

 追跡サービスは、市に利用申請をした店舗等にQRコードを掲示。店舗の利用者はスマートフォンなどでQRコードを読み込み、メールアドレスや利用日時を登録する。感染者が確認された際は、同じ日時に居合わせた人に、感染者の発生と保健所への相談方法などを記したメールを送って注意喚起する。

 同様のシステムは、大阪府や宮城県などが導入を目指している。門川大作市長は「プライバシーに配慮した形で、事業者にとっても安全対策に取り組んでいるPRになる。第2波、第3波の感染拡大を防ぐ対策を徹底していきたい」と強調。府が緊急事態宣言の対象地域から外れたことには「市民に厳しい自粛要請に協力してもらったおかげで解除されるが、これからが大事だ」と指摘した。【小田中大】

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 米雇用改善 トランプ氏、死亡した黒人男性にとって「素晴らしい日」と発言 非難噴出

  2. 家計支えるのに給付金の対象外…困窮する定時制の高校生 「1日1食の日も」

  3. やっぱり新型コロナ危険因子だった喫煙、肥満 「足の赤いあざ」が示す感染の疑い

  4. 「民度が違う」発言で麻生氏がさらした決定的な事実誤認とは

  5. 法務省「黒川氏の退職、捜査に支障ない」 定年で「重大な障害」だったのでは?

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです