メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

牧羊犬ならぬ「牧羊オートバイ」 乳牛放牧始まる 新潟・津南

オートバイに追われ草地を走る牛=新潟県津南町上郷宮野原で2020年5月21日午前11時12分、板鼻幸雄撮影

[PR]

 長野県境に位置する新潟県津南町上郷宮野原の「新潟県妙法育成牧場」で21日、今年の放牧が始まった。今冬は少雪だったことから例年より約2週間早く、99頭の牛が広々とした草地に放された。

 牛舎の扉が開くと牛が一斉に飛び出してきた。さらにオートバイに追われ、山頂へ導かれた。降雪前まで草地で過ごす。放牧面積は105ヘクタール。標高630~950メートルで6~8月は降雨量が多く、夏枯れが起こらない適地。県内各地の酪農家から年齢約9カ月で預かった乳牛は1年以上を経て、約260キロの体重が約560キロに成長し、返還される。

 同牧場の柴田宏志場長(58)は「依頼主から喜んでもらえる立派な牛を育て、農家の力になりたい」と話した。【板鼻幸雄】

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 米雇用改善 トランプ氏、死亡した黒人男性にとって「素晴らしい日」と発言 非難噴出

  2. 家計支えるのに給付金の対象外…困窮する定時制の高校生 「1日1食の日も」

  3. やっぱり新型コロナ危険因子だった喫煙、肥満 「足の赤いあざ」が示す感染の疑い

  4. 「民度が違う」発言で麻生氏がさらした決定的な事実誤認とは

  5. 法務省「黒川氏の退職、捜査に支障ない」 定年で「重大な障害」だったのでは?

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです