メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

在日ロヒンギャ「寂しい」 3密回避、ラマダンでもモスクに集えず 群馬

新型コロナウイルス感染拡大防止のため床一面のじゅうたんも片付けられたモスクで、独り祈るロヒンギャのアウンティンさん=群馬県館林市で2020年5月17日、宮武祐希撮影

 新型コロナウイルスの世界的な感染拡大は、ミャンマーの少数派イスラム教徒「ロヒンギャ」の日本での生活にも影響を及ぼしている。同教の断食月「ラマダン」は23日まで続くが、「3密」防止のためモスク(礼拝所)に集えず、コミュニティーの営みも変化を余儀なくされた。

 「在日ビルマロヒンギャ協会」によると、ミャンマーで迫害を受けて日本に移ったロヒンギャ約300人のうち約260人…

この記事は有料記事です。

残り277文字(全文461文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. お年玉付き年賀はがきの当選番号決まる 賞品引き換えは7月20日まで

  2. ORICON NEWS 夏菜、一般男性と結婚「心から彼を尊敬」[コメント全文]

  3. 「30%を切ったら危険水域」 菅内閣の支持率大幅低下に政府・与党危機感

  4. 「午後8時には閉めない」反旗を翻した外食チェーンの本気

  5. 「首相にふさわしい人」河野氏トップ 菅首相は3位に転落 毎日新聞世論調査

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです