メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「麒麟がくる」越前編ここが見どころ 地元「歴女の会」が光秀ゆかりの地紹介

福井の歴史について語る後藤ひろみさん=福井市大宮2で2020年3月5日午後2時25分、塚本恒撮影

 戦国武将・明智光秀が主人公のNHK大河ドラマ「麒麟(きりん)がくる」は若き光秀が福井の地で過ごした約10年間を描く「越前編」がスタートした。福井県や福井市なども観光誘客を目指してPRに乗り出し、県内にある光秀ゆかりの史跡も注目を浴びている。「ふくい歴女の会」会長を務める後藤ひろみさん(50)に見どころなどを聞いた。【塚本恒】

 福井市出身の後藤さんは繊維メーカーの研究職からカフェのオーナーに転身した異色の経歴を持つ。2014年から同市大宮2の県立歴史博物館に併設する「歴博茶房 ときめぐる、カフェー」のオーナーを務める。新型コロナウイルス感染拡大の影響で一時休業していたが、感染防止対策を徹底し、5月中旬に再開。「気軽に歴史について語り合える場にしたい」と店内には歴史本がズラリと並ぶ。歴史好きが高じて10年にはふくい歴女の…

この記事は有料記事です。

残り769文字(全文1133文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「百合子山は高かった」 落選の山本氏、完敗認めるも小池氏にチクリ

  2. 遺体次々発見、変わり果てた姿に 言葉を失う被害の大きさ 熊本豪雨

  3. 「人気低下、認めざるを得ない」 落選の立花氏 衆院選へ「戦略見直す」

  4. 「小池氏に手玉に取られた」自民、距離感に苦心 恐れる「次の行動」とは

  5. 東京都知事選 小池氏の再選確実「喫緊の課題はコロナ対策」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです