メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

JR西、抗ウイルス液の車両内噴霧を報道公開 6月から在来線約5200両に

JR大阪環状線車両で公開された抗ウイルス・抗菌液の吹き付け作業=大阪市城東区で2020年5月22日午前9時54分、望月亮一撮影

 JR西日本は22日、鉄道車両内の新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐため、車両内部に抗ウイルス・抗菌液を吹き付ける作業を、大阪市城東区の吹田総合車両所森ノ宮支所で、報道陣に公開した。新型コロナに有効かどうかは現時点で不明だが、インフルエンザウイルスなどへの効果は確認されているという。6月から在来線の全車両(約5200両)に順次、吹き付けていく。

 JR西によると、抗ウイルス・抗菌液は化学メーカー「ニチリンケミカル」(大阪市北区)が開発した。人体に無害で、インフルエンザウイルス、大腸菌、カビなどを分解する効果があるといい、新型コロナの感染拡大前から大阪メトロ、大阪大学、ホテル、病院などで使われている。

この記事は有料記事です。

残り132文字(全文434文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. GoTo停止 官邸「東京まだ逼迫してない」 札幌・大阪発自粛要請

  2. イラン核科学者暗殺 開発計画で中心的役割 実行犯不明

  3. 全国で2529人感染確認 東京・愛知で最多 死者新たに31人、計2109人

  4. 新型コロナ 坂東玉三郎さん、濃厚接触者で休演

  5. 全国で新たに1945人の感染を確認 死者は21人増え、計2049人に

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです