メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ウーバーちゃうでイーバーイーツ 大阪・茨木の飲食宅配代行じわり浸透

ランチを受け取り配達先へ向かうイーバーイーツの配達員の女性=大阪府茨木市で2020年5月14日午前11時12分、藤井達也撮影

 新型コロナウイルスの感染拡大の影響で飲食店が苦境に立たされる中、大阪府茨木市内の飲食店経営者らが、スマートフォンで気軽に注文できる飲食宅配代行「ウーバーイーツ」に倣ったシステムを作り奮闘している。「茨木」をもじって「IBAR EATS(イーバーイーツ)」と名付け、4月15日からサービスを開始。注文を受け付けるウェブサイトも自ら作った。府内を対象にした緊急事態宣言は解除されたが、飲食店を取り巻く状況は依然として厳しく、メンバーらは「何とか乗り切りたい」と話している。

この記事は有料記事です。

残り1168文字(全文1403文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大阪で421人が新たに感染 死者10人も確認 新型コロナ

  2. 「入院拒めば罰則」の感染症法改正案 抑止力か人権侵害か

  3. 「重症者、死者がさらに増える」 研究者が警告する「危うい状況」と必要なリセット

  4. 「地域から協力金集めて慰安旅行」 幽霊消防団員巡り告発続々 地域社会にあつれき

  5. ファミマ・お母さん食堂に異議 声上げた高校生に「慎吾ママ」生みの親がエール

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです