メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

飲食店に自粛迫り「火を付けるぞ」 豊島区職員を威力業務妨害容疑で逮捕 警視庁

警視庁=米田堅持撮影

[PR]

 緊急事態宣言が出ている中で営業していた飲食店を放火するなどと脅したとして、警視庁巣鴨署が東京都豊島区役所の非常勤職員の男性(63)=同区=を威力業務妨害容疑で逮捕していたことが同署への取材で判明した。「(新型コロナウイルスの)感染者が爆発的に増えたことから、間違った正義感を持ってやってしまった」と容疑を認めている。逮捕は20日。22日に釈放された。

 逮捕容疑は4月14日午前5時ごろ、豊島区南大塚の飲食店2軒の入り口ドアに「営業するな!火付けるぞ!」などと記した紙を貼り、飲食店の営業を妨害したとしている。

 豊島区によると、男性は都市整備部に所属。年度ごとに採用される職員で、コロナウイルス関連の業務はしていなかった。【山崎征克】

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 米雇用改善 トランプ氏、死亡した黒人男性にとって「素晴らしい日」と発言 非難噴出

  2. 家計支えるのに給付金の対象外…困窮する定時制の高校生 「1日1食の日も」

  3. 新宿区、困窮者に退出促す ホテル滞在、東京都の延長知らせず

  4. 埼玉県、10万円給付は6月内に 「照合は全て手作業」職員は忙殺

  5. 潮干狩り、やっとシーズン コロナで開場遅れの兵庫・新舞子浜に家族連れ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです