メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「ホウ、ホウ」掛け声響き、鵜飼開き 岐阜・長良川 コロナで11日遅れ

新型コロナウイルスの影響で11日遅れで開幕した「長良川鵜飼」=岐阜市の長良川で2020年5月22日午後8時2分、兵藤公治撮影

[PR]

 1300年以上の歴史があるとされる伝統漁「長良川鵜飼(うかい)」が22日夜、岐阜市で始まった。毎年5月11日から10月まで行われるが、新型コロナウイルスのため第二次世界大戦後初めて開幕を延期。例年10万人ほどの観光客が利用する観覧船の運航開始は未定で、岸辺から多くの見学者が見守る中での鵜飼開きとなった。

 出発前、鵜匠や船頭を柴橋正直市長が「市民全員が応援しています。行ってらっしゃい」と激励。川を下りながらの漁では、6隻の船首にともされたかがり火が水面を照らし「ホウ、ホウ」の鵜匠の掛け声やドンドンと船体をたたく音が響き、観客から拍手が湧いた。

 鵜匠代表の杉山雅彦さん(60)は、開幕延期が決まってからは「漁師の本能として、一日も早く川に出たい」とのもどかしい気持ちを抑えつつ、鵜の健康管理に万全を尽くしてきた。11日遅れてようやく開幕を迎え、「鵜飼があるのが普段の姿。日常に一歩近づけたと、市民の皆さんの癒やしになってほしい」と喜びをかみしめた。【横田伸治】

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 生田斗真&清野菜名が結婚発表「お互いを支え合いながら共にこの危機を乗り越え」

  2. 自衛隊員の「テンピン停職」知りながら…法務省、黒川氏処分の「参考にせず」

  3. 猛毒「フッ化水素酸」か、こぼれ異臭 東京・秋葉原の路上、けが人なし

  4. 北九州の新型コロナ新たに5人感染 14日連続で累計135人に

  5. 横田滋さん死去 87歳 北朝鮮拉致被害者・めぐみさんの父 家族会元代表

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです