メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

奈良火災5人死亡 床に油の反応、無理心中か 男性は一酸化炭素中毒死 

火災で5人の遺体が見つかった民家=奈良県五條市で2020年5月20日午後0時半、本社ヘリから木葉健二撮影

[PR]

 奈良県五條市住川町の介護施設職員、寺西孝行さん(32)方の木造2階建て住宅から出火し、焼け跡から子どもを含む5人の遺体が見つかった火災で、奈良県警は22日、5人の司法解剖の結果を明らかにした。5人の遺体が見つかった寝室からは、使い捨てライターとポリタンクの底の一部を押収したほか、床には油の反応があった。県警は放火による無理心中の可能性もあるとみて慎重に捜査している。

 司法解剖の結果、30~40歳の男性の死因は一酸化炭素中毒、3人の子どもを含む4人については不詳とした。死亡推定時刻はいずれも20日午前6~10時ごろだった。

 県警によると、30~40歳の男性の気道からは、出火当時生存していた可能性を示す、すすとやけどの痕跡が確認された。一方、30~40歳の女性と5~10歳の男児2人、2~4歳の男児からは、そうした痕跡は確認されなかったか、極めてわずかだった。住宅に外部から侵入した形跡は見つからず、遺書なども確認されていない。

 火災は20日朝に発生、この家に住む寺西さんと妻(33)、小学3年の長男(8)、同1年の次男(6)、三男(2)と連絡が取れなくなっている。県警は遺体をDNA鑑定して身元の確認を急ぐ。【小宅洋介、林みづき】

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 生田斗真&清野菜名が結婚発表「お互いを支え合いながら共にこの危機を乗り越え」

  2. 自衛隊員の「テンピン停職」知りながら…法務省、黒川氏処分の「参考にせず」

  3. 猛毒「フッ化水素酸」か、こぼれ異臭 東京・秋葉原の路上、けが人なし

  4. 北九州の新型コロナ新たに5人感染 14日連続で累計135人に

  5. 横田滋さん死去 87歳 北朝鮮拉致被害者・めぐみさんの父 家族会元代表

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです