メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

第2波、第3波での医療崩壊防ぐために 医療従事者にホテル無償提供広がる

医療従事者への客室の無料提供を知らせるホテルユルリトのウェブサイト=同ホテル提供

 新型コロナウイルス感染症に携わる医療従事者を支援するため、ホテルが客室を無償提供する取り組みが広がっている。医師や看護師の中には、感染を恐れて家族のいる自宅に帰れず、自家用車で寝泊まりするケースがあるという。医療関係者からは「こうした厳しい状況から従事者を救ってくれる支援はとてもありがたく、感染拡大の第2波、第3波が起きた時の医療崩壊を防ぐためにも不可欠だ」との声が上がっている。

 「同居する両親に感染させないように夫婦で車中泊で過ごしており、疲れが出てきている」(大阪府に住むいずれも看護師の夫婦)。「病院に泊まり続けていたので、ありがたい」(関西の医療従事者)

 インターネットで集めた寄付を元手に5月13日から医療従事者に客室を無償提供するホテルザフラッグ心斎橋(大阪市中央区)などには、利用者からさまざまな声が寄せられている。女性看護師(20代)は、「給与がそんなに良くないためホテルを借りるのは厳しく、ずっと迷っていた」と心境を吐露。臨床工学技士の男性は「ECMO(エクモ、人工心肺装置)を使う患者とも接するのに、医師、看護師と違い、病院から宿泊施設をあっ…

この記事は有料記事です。

残り1427文字(全文1911文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 都知事選に出るワケ 熊本知事から「タイムリミット」示された副知事の決断

  2. 法務省「黒川氏の退職、捜査に支障ない」 定年で「重大な障害」だったのでは?

  3. コロナ鎮めて! 群馬・「妖怪」だるま

  4. 最も評価する政治家は大阪・吉村知事 2位東京・小池氏 発信好感 毎日新聞世論調査

  5. 「民度が違う」発言で麻生氏がさらした決定的な事実誤認とは

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです