メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

延期の本因坊戦、6月2日に開幕 甲府で第1局 日程決まる

本因坊文裕=望月亮一撮影

[PR]

 新型コロナウイルス感染拡大防止のため、開幕が延期されていた囲碁の第75期本因坊決定戦七番勝負(毎日新聞社・日本棋院・関西棋院主催、大和証券グループ協賛)の新たな日程が決まった。6月2日からの第3局に予定されていた甲府市の常磐ホテルで開幕し、第4~7局予定の日程・開催地で第5局までを行い、第6、7局は東京都千代田区の日本棋院で打たれる。

芝野虎丸名人=滝川大貴撮影

 今期は、歴代2位に並ぶ9連覇を目指す本因坊文裕(30)=井山裕太九段=に、芝野虎丸名人(20)が初挑戦での奪取を狙う。

 第2局以降の日程は▽第2局=6月13、14日、北九州市の小倉城庭園書院▽第3局=22、23日、兵庫県宝塚市の宝塚ホテル▽第4局=30日、7月1日、静岡県河津町の今井荘▽第5局=8、9日、三重県鳥羽市の戸田家▽第6局=13、14日、日本棋院▽第7局=21、22日、日本棋院。

 本因坊戦が日本棋院で行われれば、1975年に二十四世本因坊秀芳=石田芳夫九段=が、二十三世本因坊栄寿=坂田栄男九段=の挑戦を退けて、5連覇を果たした第30期の第7局以来となる。【丸山進】

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 米雇用改善 トランプ氏、死亡した黒人男性にとって「素晴らしい日」と発言 非難噴出

  2. 家計支えるのに給付金の対象外…困窮する定時制の高校生 「1日1食の日も」

  3. やっぱり新型コロナ危険因子だった喫煙、肥満 「足の赤いあざ」が示す感染の疑い

  4. 「民度が違う」発言で麻生氏がさらした決定的な事実誤認とは

  5. 法務省「黒川氏の退職、捜査に支障ない」 定年で「重大な障害」だったのでは?

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです