メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「ミズノマスク」は2万枚が即日完売 異業種マスクが人気のワケ

予約販売したところ2万枚が即日完売となったミズノのマスク=同社提供

 スポーツ用品大手のミズノ(大阪市)が水着素材を活用したマスクを15日から公式オンラインショップで予約販売したところ、予定した2万枚が即日完売した。政府が配布する布マスク2枚が全戸に行き渡っていない事情もあり、インターネット上では「アベノマスクよりミズノマスクが欲しい」との声も。人気の理由を探った。【倉沢仁志】

 マスクは1枚935円(税込み)で5色あり、サイズはS、M、Lの3種類。繰り返し手洗い洗濯が可能で、肌触りの良い伸縮性に優れた素材を使用した。水着や陸上のウエアなどにも使用されており、着用のストレスが少なく飛沫(ひまつ)の拡散も抑制できるという。

 ミズノは「新型コロナウイルス感染拡大に伴う社会的課題に対し、スポーツ用品や運動プログラム開発のノウハウを生かし、感染防止と啓発、運動支援につながる対策に取り組んでいきます」と説明。15日午後2時から公式オンラインショップで1人当たり10枚を上限に予約販売を開始すると、直後からアクセスが集中し、一時は注文できない状態になったという。「予想を大幅…

この記事は有料記事です。

残り990文字(全文1442文字)

倉沢仁志

毎日新聞東京本社運動部。1987年、長野県生まれ。2010年入社。高知、和歌山両支局を経て17年から東京運動部。レスリング、重量挙げなどを担当。高校時代には重量挙げで全国高校総体に出場したが、階級で10キロ以上軽い三宅宏実選手の記録には遠く及ばない。

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 摂津市、事務ミスで1500万円過大還付 60代男性「使ってしまい、返還困難」

  2. 大阪モデル基準変更 吉村知事「誤解与えないため」、山中さん「信頼揺らぐ」

  3. 終活ナビ 年金受給75歳まで繰り下げがいい?

  4. 「アベノマスク着用」 中学校で配布プリントに記載、保護者に謝罪 埼玉・深谷

  5. 新型コロナ 福島・天栄村で「10万円」二重交付

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです