「ミズノマスク」は2万枚が即日完売 異業種マスクが人気のワケ

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
予約販売したところ2万枚が即日完売となったミズノのマスク=同社提供
予約販売したところ2万枚が即日完売となったミズノのマスク=同社提供

 スポーツ用品大手のミズノ(大阪市)が水着素材を活用したマスクを15日から公式オンラインショップで予約販売したところ、予定した2万枚が即日完売した。政府が配布する布マスク2枚が全戸に行き渡っていない事情もあり、インターネット上では「アベノマスクよりミズノマスクが欲しい」との声も。人気の理由を探った。【倉沢仁志】

繰り返し手洗い洗濯が可能 着け心地を追求

 マスクは1枚935円(税込み)で5色あり、サイズはS、M、Lの3種類。繰り返し手洗い洗濯が可能で、肌触りの良い伸縮性に優れた素材を使用した。水着や陸上のウエアなどにも使用されており、着用のストレスが少なく飛沫(ひまつ)の拡散も抑制できるという。

 ミズノは「新型コロナウイルス感染拡大に伴う社会的課題に対し、スポーツ用品や運動プログラム開発のノウハウを生かし、感染防止と啓発、運動支援につながる対策に取り組んでいきます」と説明。15日午後2時から公式オンラインショップで1人当たり10枚を上限に予約販売を開始するとアクセスが集中し、一時は注文できな…

この記事は有料記事です。

残り1063文字(全文1513文字)

あわせて読みたい

この記事の筆者
すべて見る

注目の特集