メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「世界的司令塔」ダン・カーターが神戸製鋼退団を発表「新しいカルチャー作れた」

神戸製鋼からの退団を発表したダン・カーター選手=平川義之撮影

[PR]

 ラグビーのトップリーグ(TL)・神戸製鋼は22日、元ニュージーランド(NZ)代表のSOダン・カーターの退団を発表した。カーターはワールドラグビーの年間最優秀選手に3度輝いた世界的司令塔。2018年に神戸製鋼に加入してチームをTL優勝に導き、リーグ最優秀選手にも選ばれた。

 38歳のカーターはチームを通じて「私が所属している間に優勝を果たし、新しいチームカルチャーを作ることができてうれしく思っています。良いチームへと進化しており、この先も明るい未来が待っています」とコメントした。

 神戸製鋼はこのほか、元NZ代表でチームの共同主将を務めたSHアンドリュー・エリスら11選手の退団も発表した。【長宗拓弥】

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大阪モデル基準変更 吉村知事「誤解与えないため」、山中さん「信頼揺らぐ」

  2. 「アベノマスク着用」 中学校で配布プリントに記載、保護者に謝罪 埼玉・深谷

  3. 「政権の終わりが見えた」支持率急落、自民主流派も首相を公然と批判

  4. 不手際連発の安倍政権に募る不満 「平時と変わらぬ対応」の不人気

  5. 第2波で再び経済ストップ? 宣言解除後は「底をはい続けるL字形」との指摘も

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです