メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

専門家チームが選手らの事前検査検討など提言 プロ野球とJリーグがコロナ対策会議

 プロ野球を統括する日本野球機構(NPB)とサッカーのJリーグが設けた新型コロナウイルス対策連絡会議の第8回会議が22日、オンラインで行われ、感染症の専門家チームが、公式戦の開催に向けて、選手らの感染の有無を調べる事前検査の検討などを提言した。

 提言は3月の第3回会議で公表したものに専門家チームが新たな内容を加えた。

 提言では、当面は無観客試合とし、感染が再流行した場合は、試合延期も含めて専門家チームなどと検討するとした。選手らにPCR検査や抗原検査、抗体検査などを行うための体制の整備を推奨。選手の肉体的、精神的な負担が大きくなる過密日程を避けるため、日程の調整や試合数の検討が必要とした。ミーティングや打ち合わせをなるべく屋外で行うことや、不要不急の外出を避け、移動中はマスクを着用することなども盛り込んだ。

この記事は有料記事です。

残り144文字(全文502文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 『天才!志村どうぶつ園』16年の歴史に幕 10月から相葉雅紀MCの新番組

  2. 二階氏サイド、自民の「習主席来日中止」決議案に猛反発 「待った」の可能性も

  3. 首相官邸ネット発信「中の人」は電通マン 前任者も 政権のSNS戦略と深いかかわり

  4. 性暴力で妊娠、中絶手術に「加害者の同意」が必要? 弁護士ら改善求める

  5. 「本能寺の変 原因説総選挙」 50説から選ばれたトップは、やはり…

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです