メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

毎小ニュース

話題 オンラインで館内公開 休館中のジブリ美術館

休館中の三鷹の森ジブリ美術館がウェブサイトの「動画日誌」で紹介している受付のフレスコ画=© Museo d'Arte Ghibli © Studio Ghibli、太田保馬撮影
 「三鷹の森ジブリ美術館」のホームページで公開されている、館内紹介の「動画日誌」。© Museo d'Arte Ghibli © Studio Ghibli

[PR]

 「スタジオジブリ」作品さくひん展示てんじする「三鷹みたかもりジブリ美術館びじゅつかん」(東京都三鷹市とうきょうとみたかし)は、新型しんがたコロナウイルスの感染かんせんふせぐため休館きゅうかんちゅうです。再開さいかいさぐなか館内かんない案内あんないする「動画どうが日誌にっし」のオンライン公開こうかいを4がつ中旬ちゅうじゅんからはじめました。各回かくかい30びょうほどの動画どうが海外かいがい視聴者しちょうしゃせています。

キャラきと

 「わたしたちもなにかできないか」。2がつ26にちからはじまった臨時りんじ休館きゅうかん長引ながびき、ジブリ美術館びじゅつかんのスタッフのあいだでそんなこえがりました。おなじようにやすみになった美術館びじゅつかん博物館はくぶつかんに、オンラインで収蔵品しゅうぞうひん展示てんじするうごきがてきていました。広報担当こうほうたんとう小林一美こばやしかずみさんによると「休館きゅうかんちゅうだからこそあらたなことにつながる動画どうがつくろう」とのアイデアから動画どうが日誌にっしまれました。

 1回目かいめは「ようこそ」とだいされ、美術館びじゅつかん受付うけつけ来館らいかんしゃむかえる天井てんじょうのフレスコげました。フレスコなかにちりばめられた「となりのトトロ」のネコバス、「魔女まじょ宅急便たっきゅうびん」のキキといったキャラクターが、きとうつされています。2かい常設じょうせつ展示てんじ映画えいがのはじまるところ」を紹介しょうかいしました。

 5、6かいはジブリ作品さくひん主題歌しゅだいかうたったアメリカのシンガー・ソングライター、プリシラ・アーンさんが、背景はいけい音楽おんがくきょく提供ていきょうしました。美術館びじゅつかんでコンサートをしたときしたしくなったスタッフが動画どうが日誌にっしについてつたえると、「よければ使つかって」とおくられてきたそうです。

動画どうがしあわせに」

 20はつかまでに6ぽん動画どうが配信はいしんされ、100まんかいほど再生さいせいされました。アメリカ大陸たいりくやヨーロッパからのアクセスもあります。1かい動画どうがには「訪日ほうにち予定よていがあり、ゆめだったジブリ美術館びじゅつかん訪問ほうもん予約よやくしたがキャンセルせざるをえなかった。かなしかったけれど、この動画どうがしあわせになれた」と英語えいごまれました。スペイン、フランス、ロシアのメッセージもせられました。

 美術館びじゅつかんでは、再開さいかい目指めざして準備じゅんびつづいています。館長かんちょう安西あんざい香月かづきさんは「こころをおだやかにすごすことがむずかしい日々ひびつづいておりますが、スタッフ一同いちどう、おきゃくさまとのたのしい時間じかんをすごせる日々ひび一日いちにちはやおとずれることを心待こころまちにしております」とはなしています。【和田わだ浩明ひろあき

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「人としてあるまじきこと」 不倫報道の埼玉県議が議員辞職

  2. 与党、国会延長せず失態逃げ切り 野党批判回避狙う 2次補正成立急ぐ

  3. 北九州で新たに21人感染確認 23日連続ゼロから一転、6日連続で感染者 「第2波」に危機感

  4. 10万円を2196人に二重給付 大阪・寝屋川市、計2.1億円返還求める

  5. 大村知事「東京、大阪は医療崩壊」 吉村知事「根拠が不明」 会見、ツイートで応酬

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです