メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

まとメシ

根津の古民家を改装したノスタルジックカフェ♪
看板メニューは絶品ビーフシチュー!

情報提供:まとメシ

ほっこり温かいカフェのシチューはいかが。重厚な扉の向こうは築85年の家を改装した落ち着いた空間が広がる。

ゆうcafé(最寄駅:根津駅)

身も心も優しく包み込む古民家カフェの絶品シチュー

戦前米屋だった自宅を利用した店で、数年前にも一部改装して昔の雰囲気のまま店内を広くした。
料理はビーフシチューのみ。店主の近内さんは「コーヒーの風味を損なわない食事、と考えて決めました」と静かに語る。ゆえにデミグラスは香辛料を控えめにし、野菜のダシのみで仕込むそうで、近内さんのように穏やかで優しい。脂を丁寧に取り除いたヘルシーな牛もも肉と地元の八百屋で買った野菜がゴロッと入る。何かいいなあ。『ゆう』はこの家を建てた祖母の名で、お客さん=YOUの意味も。どこまでも素敵な店。


ビーフシチュー

1500円(サラダとパンまたはライス付き・ランチは1200円) 9b2ea8fe9913e8262f29b01aad703af4 信楽焼きの器に盛り付けたシチューは具材がゴロゴロ。平日は1日約30食を用意している。レシピは17年前のオープン時に近内さんが試行錯誤で考えた。最初は牛骨のダシを使っていたが、現在はセロリやニンジンの皮など野菜だけの旨みを生かしたダシで仕込む。肉は焦げる手前までしっかり焼いてから煮込むと形が崩れないそう

セットのサラダとパン

ee0dc08ecc008dd364fde323e8c6f743 野菜の仕入れは地元の八百屋さんから。ライスも選べる

ゆうブレンドコーヒー

500円 cce0714ea85ec5a35c0bdfc2ba39edaa 注文があってから豆を挽いて淹れる香り高い味。横浜の『キャラバンコーヒー』を使用

お店からの一言

6468d7842bb79bc772d7e040335c3a61 店主 近内克行さん 「脂身を処理し、あっさりした旨みになるよう心がけています」

ゆうcaféの店舗情報

9356b6934fad568a4cd5b077b2aa1c6b [住所]東京都文京区根津2-13-4 [TEL]03-3827-9263 [営業時間]11時45分~17時(LO)※ランチタイム有 [休日]火 [席]カウンターあり、全14席/全席禁煙/予約不可/カード不可/サ・お通し代なし [交通アクセス]地下鉄千代田線根津駅1番出口から徒歩2分

電話番号 03-3827-9263
撮影/貝塚 隆 取材/肥田木奈々 2019年3月号発売時点の情報です。

関連記事

【閉店】銀座 松﨑煎餅 お茶席(最寄駅:銀座駅)

ボンダイカフェ(代々木公園/カフェ)|おすすめメニューのグルメ記事と写真

ザ・ペニンシュラ ブティック&カフェ|一流ホテルで堪能できる満腹パスタランチ(カフェ/有楽町)

個性豊かな初上陸系サンドおススメ3軒のひとつ「HONEYBAKED HAM」(ステーキ/神谷町)

cafe&pasta ほっとる~む けやき|木に囲まれたカフェで静かな時間を満喫する(カフェ/益子町)


情報提供:まとメシ

おすすめ記事

広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 米雇用改善 トランプ氏、死亡した黒人男性にとって「素晴らしい日」と発言 非難噴出

  2. 都知事選に出るワケ 熊本知事から「タイムリミット」示された副知事の決断

  3. 家計支えるのに給付金の対象外…困窮する定時制の高校生 「1日1食の日も」

  4. 時の在りか 小池都知事再選を危ぶむ=伊藤智永

  5. 最も評価する政治家は大阪・吉村知事 2位東京・小池氏 発信好感 毎日新聞世論調査

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです