メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

安田賢治のここだけの話

コロナ禍による経済状況悪化で地元志向、理系学部人気が復活か!?

遠隔会議システムを使っておこなわれている授業=名古屋市の名古屋商科大で

[PR]

 新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、多くの大学が大学キャンパスでの対面授業を取りやめ、遠隔会議システムを使った授業を行っている。このような状況に不安を募らせているのは、子どもが自宅外で暮らしながら大学に通わせている保護者で、大学への問い合わせも多いという。

 来年入試では地元志向が高まりそうだ。保護者の目が届く大学に、子どもを通わせたいとの考えが強くなるからだ。では、大学入試改革とコロナ禍で一般選抜のほうはどうなるのだろうか。

 今の受験生は将来の就職を考えながら、大学・学部を選ぶのが当たり前になっている。そのため、コロナ禍で企業の業績が悪化し、新卒採用がどれぐらいになるのかが、志望校選びに影響する。企業の採用が減るということは、まず事務職の採用が減る。そうなると、過去のバブル経済の崩壊、リーマン・ショック後と同じように理系学部の人気が高まる。

 理系学部の卒業生の就職率は、文系学部の卒業生より高い。なかでも医療系の人気が高まる。国家資格を持って、就活に臨んだほうが有利という考えになるからだ。その上、受験生の困っている人を助けたい気持ちも強くなる。

 しかし、ここでもコロナ禍の影響が出るのではないかと見られる。医療従事者の院内感染も多く、不安な気持ちから医療系の志望に二の足を踏む受験生も出てくることが予想される。さらに、今さら文系の受験生が、理系に変わることも難しい。

 ただ、ひとつ言えることは、このコロナ禍がいつ収まるか分からない以上、一般選抜を中心に考えておくことだろう。その対策をしっかり取り、その上で学校推薦型選抜、総合型選抜に対応していくことが大切になってくると思われる。【大学通信常務取締役】

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「人としてあるまじきこと」 不倫報道の埼玉県議が議員辞職

  2. 大阪のタワマン29階から男性転落死 警視庁が詐欺容疑で家宅捜索中

  3. 10万円を2196人に二重給付 大阪・寝屋川市、計2.1億円返還求める

  4. 与党、国会延長せず失態逃げ切り 野党批判回避狙う 2次補正成立急ぐ

  5. 北九州で新たに21人感染確認 23日連続ゼロから一転、6日連続で感染者 「第2波」に危機感

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです