メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

愛のある毒舌、50周年 TBSラジオ「毒蝮三太夫のミュージックプレゼント」

生中継の現場で、リスナーの高齢者らに囲まれる毒蝮三太夫(中央)=埼玉県戸田市で2019年10月11日(TBSラジオ提供)

 俳優でタレントの毒蝮三太夫(84)がパーソナリティーを務める、TBSラジオの公開生番組「毒蝮三太夫(どくまむしさんだゆう)のミュージックプレゼント」(毎月最終土曜の午前10時ごろ)が、1969年10月の開始から50周年に入っている。番組初期の頃から、毒蝮が高齢者に「ババア」「ジジイ」などと毒舌を吐くのが名物。人情味あふれるトークが魅力の一方で、風当たりも強そうな“乱暴な”番組が、なぜ長く続いているのか。本人に話を聞いた。

この記事は有料記事です。

残り1486文字(全文1699文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「五輪予算で都民の命救える」早期中止訴え 宇都宮氏が都知事選出馬会見

  2. 北九州市で5日連続の感染確認、計22人に 施設を臨時休館

  3. フジテレビ、「テラスハウス」打ち切り 木村花さん急死で

  4. 国民民主「10万円再給付を」「消費税5%に」追加経済対策案 

  5. 大阪モデル基準変更 吉村知事「誤解与えないため」、山中さん「信頼揺らぐ」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです