メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

コロナ禍をチャンスに イーバーイーツ快走 大阪・茨木の飲食30店、注文集め宅配

自転車に乗って配達先へ向かう、イーバーイーツ配達員の吉満舞子さん=大阪府茨木市で2020年5月14日午前11時12分、藤井達也撮影

 新型コロナウイルスの感染拡大の影響で飲食店が苦境に立たされる中、大阪府茨木市内の飲食店経営者らが、スマートフォンで気軽に注文できる飲食宅配代行「ウーバーイーツ」に倣ったシステムを作り奮闘している。「茨木」をもじって「IBAR EATS(イーバーイーツ)」と名付け、4月15日からサービスを開始。注文を受け付けるウェブサイトも自ら作った。府内を対象にした緊急事態宣言は解除されたが、飲食店を取り巻く状況は依然として厳しく、メンバーらは「何とか乗り切りたい」と話している。

 今月14日昼、オランダパンケーキが人気の「カフェレカ」(同市元町1)に、自転車に乗った配達員の吉満舞子さん(29)が笑顔で駆けつけた。オーナーの藤田由美子さん(50)が、注文を受けた日替わりランチを手早くバッグに詰め込む。感染リスクを減らすため、配達員は商品に触らないのが決まりだ。

この記事は有料記事です。

残り1001文字(全文1378文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「人としてあるまじきこと」 不倫報道の埼玉県議が議員辞職

  2. 大阪のタワマン29階から男性転落死 警視庁が詐欺容疑で家宅捜索中

  3. 10万円を2196人に二重給付 大阪・寝屋川市、計2.1億円返還求める

  4. 大村知事「東京、大阪は医療崩壊」 吉村知事「根拠が不明」 会見、ツイートで応酬

  5. 北九州で新たに21人感染確認 23日連続ゼロから一転、6日連続で感染者 「第2波」に危機感

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです