メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

心と胃袋、染みる1杯

困窮した学生を対象に無償で提供している森本貴之さん(奥)の親子丼。温かさが伝わる=大阪市淀川区で2020年5月20日、平川義之撮影

 「食べることに困っていたら、遠慮せずにおいで」。大阪市淀川区のそば屋「甚九郎」が、新型コロナウイルスの影響でアルバイト収入を失うなどして食生活に困っている学生を対象に、「親子丼を無償提供します」とフェイスブックで呼び掛けている。

 生活困窮に陥る学生がいることをニュースで知った店主の森本貴之さん(3…

この記事は有料記事です。

残り214文字(全文364文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東京都、新たに感染者224人確認 過去最多 新型コロナ

  2. 特権を問う 「Yナンバーに気をつけろ」沖縄移住の女性が体験した「基地の島」の現実とは?

  3. 「女帝」石井妙子さんが見た小池都知事の“冷ややかな圧勝”

  4. 京都縦貫道沓掛IC付近で土砂崩れ 3台巻き込まれ、2人軽傷

  5. 「健康とはほど遠い」 陰性になっても続く倦怠感と嗅覚障害 新型コロナ「後遺症」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです