メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

新型コロナ コロナ不安、カルトに注意 脱会支援の僧侶、「迷い」「揺らぎ」認めよう

 新型コロナウイルス感染拡大の不安が拭えない中、カルト教団に傾倒する心理状態が広がることを懸念する僧侶がいる。真宗大谷派・玄照寺(滋賀県東近江市)の住職、瓜生崇さん(46)。ある宗教団体で熱心に活動した過去や、カルトからの脱会支援を続ける中で感じたことをまとめ「なぜ人はカルトに惹(ひ)かれるのか――脱会支援の現場から」(法蔵館)を今月出版した。世の中の状況に何を思うのか聞いた。【聞き手・花澤茂人】

 瓜生崇さん(以下、瓜生) テレビなどのメディアを見ると、「安倍政権はだめだ」「中国の初動が問題だ」と、力強く明確なメッセージを発する人が重用されています。「敵」をはっきり指摘し、圧倒的な「正しさ」で導く構図です。人間は先行きが見えなくなった時、「正しい」メッセージにすごくひかれ、依存していきますが、その表れでしょう。「自粛警察」なんて話も聞きますが、正しいことをして人を救うことで自分の存在意義を確認したいのです。

 カルトにはまる人の心理も同じです。何が正しいか分からず死んでいくことに耐えられない。そんな中で「あなたの人生、こう生きれば神様に認められる」というような「正しさ」にひかれてしまうのです。

この記事は有料記事です。

残り1553文字(全文2056文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「人としてあるまじきこと」 不倫報道の埼玉県議が議員辞職

  2. 大阪のタワマン29階から男性転落死 警視庁が詐欺容疑で家宅捜索中

  3. 10万円を2196人に二重給付 大阪・寝屋川市、計2.1億円返還求める

  4. 与党、国会延長せず失態逃げ切り 野党批判回避狙う 2次補正成立急ぐ

  5. 北九州で新たに21人感染確認 23日連続ゼロから一転、6日連続で感染者 「第2波」に危機感

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです