メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

日本児童文学者協会、たなかしんさんに新人賞 『一富士茄子牛焦げルギー』

第53回日本児童文学者協会新人賞を受賞した『一富士茄子牛焦げルギー』(BL出版)

 画家で絵本作家のたなかしんさんが、毎日新聞朝刊の連載童話「読んであげて」の連載を基にした『一富士茄子牛(なすうし)焦げルギー』(BL出版)で第53回日本児童文学者協会新人賞を受賞した。

 たなかさんは、下地に明石海岸の砂を使い幻想的な絵を描き続けている。絵本も手がけ、長編小説は2作目。「絵か文章かの違いはあるが、自分の世界を外に表現したいという思いが根っこにある」と語る。

 2019年1月に連載された今作は、お正月に「おとん」が不思議な夢を見たと「ぼく」に語るところから始まる。夢の中で「おとん」がした「餅が焦げないように」という願い事が現実となり、2人は残された「もう一個の願い事」をどうするか考える。やがて「ぼく」は、酒気帯び運転の車にはねられ死んだ「おかん」を生き返らせることを提案する。

この記事は有料記事です。

残り456文字(全文804文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 連日200人超は第2波か 保健所「手いっぱいだ」 病院「もう少し先か」

  2. サッシャさんも感染 山本裕典さんらの舞台で共演  出演者ら14人感染確認

  3. 「母親ならポテトサラダくらい作ったらどうだ」 ツイートが大反響を呼んだ三つの視点

  4. 官僚も憤る電通「中抜き」の構図 源流にあの「官邸官僚」と民主党時代の決定

  5. 「香港は“1国1制度”に。とても悲しい」 民主派・周庭さん

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです