メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

晴レルデ

大阪メルロー/11 「周回遅れ」が味を育てる

収穫直前のデラウェア=2019年8月、大阪府羽曳野市内の仲村さんのブドウ畑で、高尾具成撮影

 「仲村わいん工房」(大阪府羽曳野市飛鳥)のブドウ畑では、季節を教えるように木々がつるを伸ばし始めている。近隣の畑では地場の特産品である生食用白ブドウの米国系品種デラウェアが房を実らせ、早くも出荷が始まっていた。

 一方、醸造家の仲村現二さん(62)の工房では、昨年夏に収穫、醸造されたデラウェアの白ワインが低温発酵を続け、ようやく落ち着きをみせようとしていた。「周回遅れのような感じもしますけれど、おいしいデラウェアのワイン造りにはなにしろ時間と根気がいるんです」。デラウェアは日本で育てやすい品種だが、癖のある香りから、ワイン醸造には不向きとされてきた。仲村さんは、そのデラウェアでも「大阪が誇るブドウで良質なワインを」と精力を注ぎ続けてきた。

 天然(野生)酵母はブドウの糖分を食べて発酵を続ける。糖度28度の場合、発酵を終えると、ちょうど半分のアルコール度数14度の果実酒になる。「酵母は自らで造ったアルコールに酔うて力尽きてしまうんですわ」。仲村さんはそう例える。酵母が完全に発酵過程を終えたものが辛口。甘口ワインを造るには、発酵途中で酵母の働きを抑えることが不可欠だ。「柔らかな果実味を引き出すために、糖分を残すことが必要ですが、再発酵を…

この記事は有料記事です。

残り1090文字(全文1613文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ゾウの死骸に大量のプラごみ タイ当局解剖、消化器官に詰まり出血か

  2. 小池氏「むしろ国の問題」 感染再拡大、菅長官の東京問題発言に不快感

  3. 脱走17日目、サーバルキャットを捕獲 飼育の家から約1キロ 静岡

  4. 姫路の24歳女性刺殺 容疑で36歳知人男性逮捕 生前に暴力、警察に相談

  5. 特集ワイド 新型コロナ、都内感染再拡大の危機 今が踏ん張りどころ 東京都医師会・尾崎治夫会長

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです