メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

東日本大震災 絆ののれん180人で製作 南三陸の施設 /宮城

町民が作ったキルトが使われたのれん=宮城県南三陸町で

 南三陸町の社会福祉協議会は、高齢者生活支援施設「結の里」の利用者らが作ったキルトで文字をあしらった幅約6メートル、縦約60センチののれんをお披露目した。施設は東日本大震災で被災した町民らが暮らす災害公営住宅に隣接し、交流の場となっているが、新型コロナウイルス感染症のためイベント自粛が続く。つながり…

この記事は有料記事です。

残り180文字(全文330文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 感染者と同席「コロナパーティー」 「無敵」と参加の30歳死亡 「間違いだった」言い残し

  2. 松尾貴史のちょっと違和感 コロナ巡る都知事の「夜の街」発言 客観的説明なく偏見を助長

  3. どこへGo Toすれば… 外出配慮?旅行? 都民惑わす政策のちぐはぐ

  4. 「わー、よかった」明るい娘に“嫌な予感” 「キッズライン」性被害 母が証言

  5. 小池氏「むしろ国の問題」 感染再拡大、菅長官の東京問題発言に不快感

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです