メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

新型コロナ 困窮学生を支援 庄内米500キロ、地元農家ら寄付 山形大農学部の同窓会呼びかけ /山形

集まった庄内米を受け取る学生=山形県鶴岡市若葉町1の山大農学部で

 新型コロナウイルスの感染拡大の影響で、アルバイトなどができず生活に困窮している学生を支援しようと、山形大農学部の同窓会の呼びかけで地元農協や農家らから集まった庄内米約500キロが110人に配布された。学生らは「善意のご飯をもりもり食べて勉強を続けていきたい」と喜んだ。【長南里香】

 配られたのは、県産米主力品種「はえぬき」など3品種計530キロ。1人5キロの米袋に、地元食品会社「丸善食品工業」から寄せられたレトルトカレー5袋付きだ。

 きっかけは、5月初め、同学部の同窓会「鶴窓会」副会長で同大の渡辺一哉准教授(河川環境学)が、担当する2年生のオンライン授業の際に学生から「アルバイトができず収入が減って困っている」などの複数の声が寄せられたことからだった。すぐに学生45人にアンケートを実施すると、半数以上が生活に困窮している結果が出たという。

この記事は有料記事です。

残り372文字(全文746文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大阪モデル基準変更 吉村知事「誤解与えないため」、山中さん「信頼揺らぐ」

  2. 「アベノマスク着用」 中学校で配布プリントに記載、保護者に謝罪 埼玉・深谷

  3. 「政権の終わりが見えた」支持率急落、自民主流派も首相を公然と批判

  4. 不手際連発の安倍政権に募る不満 「平時と変わらぬ対応」の不人気

  5. 第2波で再び経済ストップ? 宣言解除後は「底をはい続けるL字形」との指摘も

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです