メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

新型コロナ 教育現場で「ズーム」活用 「朝の会」出席確認も試行 /埼玉

「顔が見える、クラスで会っている感じ」

 新型コロナウイルス感染防止のための休校を機に、ウェブ会議システム「Zoom(ズーム)」を教育現場で活用する取り組みが県内でも始まっている。横瀬町は19、20日に試行配信して課題を調査。羽生市立小学校ではオンラインでの「朝の会」が行われた。

 「聞こえたら手を振ってください」。19日午前、横瀬町教委の担当者がノートパソコンの画面に映る生徒の顔に向かって呼びかけた。学年ごとに時間を分け、「(文字を書き込む)チャット機能があるので、名前を書いて」などと利用ルールを伝えた。2日間で町内の全中学生217人中110人と、全児童366人中153人が参加した。

 ズームは、インターネットに接続したパソコンやスマートフォンを通じて多人数が会話や会議をすることができる。町教委は、参加各家庭の端末にインストールしてもらった上で、学校を通じて児童・生徒の家庭に利用IDとパスワードをメールで送信した。

この記事は有料記事です。

残り759文字(全文1170文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 今年の“新語”大賞は「ぴえん」 新型コロナ関連のワードも続々トップ10入り

  2. GoToトラベル利用のバス旅行で10人がコロナ感染 福岡

  3. 呼吸困難や倦怠感…実は深刻なコロナ後遺症 病院で相手にされず 医師「国は対策を」

  4. 時機を失した政府のGoTo対応 北海道から訴える

  5. 経路不明急増、保健所パンク…「日本モデル」もう限界 「政府も危機感共有を」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです