新型コロナ 有志と経営者らサイト開設 飲食店、ネット注文で宅配 長野の4店で試験稼働 /長野

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
有志の飲食店のデリバリーを代行で配達する「ワンナガノイーツ」の村上潤さん(右)ら=長野市東後町のゲストハウス「ピセ」で
有志の飲食店のデリバリーを代行で配達する「ワンナガノイーツ」の村上潤さん(右)ら=長野市東後町のゲストハウス「ピセ」で

 新型コロナウイルスの感染拡大で客足が激減した長野市周辺の飲食店を支援するため、店のデリバリーやテークアウトがネット注文できるサイト「ワンナガノイーツ」(http://www.onenagano.org/)が開設された。

 2019年10月の台風19号を機にJR長野駅前の飲食店有志が結成した「オールナガノプロジェクト」(千葉和久代表)と、新事業創出を目指す経営者でつくる「21世紀ニュービジネス協議会」(若林順平会長)がIT会社「ライフシード」(長野市権堂町)と連携し、15日に4店が参加して試験稼働した。

 店ごとに注文サイトがあり、購入者は商品や受け取り日時、デリバリーかテークアウトかを選べ、店を支援するチップも払える。店側はメニュー、デリバリーの可否、30分以内の最大注文数、休憩時間など経営実態に応じて柔軟に設定できる。すべてクレジット決済で支払いは簡便だ。

この記事は有料記事です。

残り357文字(全文740文字)

あわせて読みたい

ニュース特集