メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

新型コロナ 豊かさ映す「鏡」守ろう 存続危機の書店に「エイド基金」 名張 /三重

休業中に本の整理をしている中田茂美さん(右)と俊昭さん=名張市中町で

 新型コロナウイルスの感染拡大で存続の危機にさらされる書店を支援しようと、書店員や編集者などの有志がクラウドファンディング「ブックストア・エイド基金」への協力をインターネットなどで呼びかけている。基金への寄付金は参加書店に分配され、協力者には独自の「図書券」などの返礼を届ける。有志らは「書店を存続させる緊急支援をしたい」と話す。募集は5月末まで。【久木田照子】

 支援対象は新刊・古書の書店で、4月30日から全国の書店への支援を呼びかけた。15日時点の参加書店は93店。県内からは名張市の「古書からすうり」と、伊勢市の「ブックカフェ古川書店」、紀北町の「BUMBLE BEE BOOKS」が参加している。翻訳者の柴田元幸さんや小説家の小川洋子さんらさまざまな分野で本に関わる人たちが賛同し、「本との出会いの最前線を、守りたい」(作家・古川日出男さん)などと応援の…

この記事は有料記事です。

残り829文字(全文1210文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「昇給に影響」総務課長が職員30人にメール パワハラで訓告 東山梨消防

  2. 大阪モデル基準変更 吉村知事「誤解与えないため」、山中さん「信頼揺らぐ」

  3. 「アベノマスク着用」 中学校で配布プリントに記載、保護者に謝罪 埼玉・深谷

  4. 「政権の終わりが見えた」支持率急落、自民主流派も首相を公然と批判

  5. コロナで経済苦の女性狙う キャバクラに勧誘容疑で少年逮捕 福岡

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです