先端科学大周辺に工場新設の構想 亀岡で日本電産 /京都

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 日本電産は15日、京都先端科学大の京都亀岡キャンパス(亀岡市)や周辺地域に、グループ企業の工場や研究所を新設する構想があると明らかにした。同大学は日本電産の永守重信会長が理事長を務めている。実戦力を備えた人材の育成を目指しており、産学連携の新たな在り方を示す考えだ。投資額は100億円程度を見込む。

 具体的には、検査機器を手掛ける子会社の…

この記事は有料記事です。

残り107文字(全文277文字)

あわせて読みたい

注目の特集