メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

新型コロナ ミニシアター「人生の一部」 支援Tシャツ1万3000枚売れる 関西13館協力 /京都

ミニシアターの支援プロジェクトで販売したオリジナルTシャツの発送作業をする、京都みなみ会館の吉田由利香館長=京都市南区の同館で、添島香苗撮影

 新型コロナウイルスの感染拡大で観客が激減した、府内など関西のミニシアター13館が支援を求めて4月に販売したオリジナルTシャツが約1万3000枚売れ、1館あたり約280万円の支援になった。映画館への休業要請は各府県でも徐々に解除されているが、資金繰りに苦しんでいる館も多い。関係者は「ミニシアターが多くの人に必要とされていると分かった」と気持ちを新たにしている。

 「発売当初は、500枚も売れたらうれしいと思っていた」。Tシャツの販売を提案した「京都みなみ会館」(京都市南区)の吉田由利香館長(32)が振り返る。京都、大阪、兵庫3府県のミニシアター計13館は、4月6日に支援プロジェクト「Save our local cinemas」を開始。オリジナルデザインの「関西劇場応援Tシャツ」(1枚3000円)を、同12日までの期間限定でホームページで受注販売し、寄付…

この記事は有料記事です。

残り696文字(全文1077文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 生田斗真&清野菜名が結婚発表「お互いを支え合いながら共にこの危機を乗り越え」

  2. 自衛隊員の「テンピン停職」知りながら…法務省、黒川氏処分の「参考にせず」

  3. 北九州の新型コロナ新たに5人感染 14日連続で累計135人に

  4. 猛毒「フッ化水素酸」か、こぼれ異臭 東京・秋葉原の路上、けが人なし

  5. 横田滋さん死去 87歳 北朝鮮拉致被害者・めぐみさんの父 家族会元代表

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです