メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

新型コロナ 布マスク400枚手作り 「達成感味わえた」 与謝野・リフレかやの里 /京都

ちりめん生地のマスクを作るスタッフ=与謝野町金屋のリフレかやの里で、松野和生撮影

 社会福祉法人「よさのうみ福祉会」が運営する宿泊型保養施設「リフレかやの里」(与謝野町金屋)のスタッフが、新型コロナウイルス感染防止で需要の多い布製マスク計400枚を仕上げた。遠方に住む町出身の大学生ら若者世代に贈ってもらおうと、町の関連会社が町民向けに企画した地元産品セットに含まれている。【松野和生】

 町による公共施設閉鎖の決定を受け、施設は4月11日から全面休館。販売用のマスクを作っていた経緯もあり、スタッフの収入につながればと、休館中の「旧尾藤家住宅」と共に町からの発注を請け負った。

この記事は有料記事です。

残り256文字(全文503文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 生田斗真&清野菜名が結婚発表「お互いを支え合いながら共にこの危機を乗り越え」

  2. かまぼこ商品「うな次郎」ウナギフリーにリニューアル 絶滅危惧に配慮 新潟

  3. 自衛隊員の「テンピン停職」知りながら…法務省、黒川氏処分の「参考にせず」

  4. 猛毒「フッ化水素酸」か、こぼれ異臭 東京・秋葉原の路上、けが人なし

  5. 東京都で新たに20人の感染確認 5日連続10人超

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです