メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

短歌に交通安全の願いを 宇治署がコンクール初開催 6月末締め切り、かるたも製作 /京都

 三十一(みそひと)文字に無事故の祈り――。宇治署と宇治交通安全協会は、初の「交通安全短歌コンクール」の作品を募集している。百人一首や源氏物語にもゆかりのある歌の題材にもなった宇治ならではの交通安全行事として企画。優れた作品を表彰するほか、応募作でかるたを作り、「交通安全百人一首大会」も今後開催する。同署は「家でゆっくり良作を練り応募して」と呼び掛けている。

 源氏物語終盤の宇治十帖(じゅうじょう)には、「宇治の橋姫」や宇治川、宇治の山桜などを歌った和歌が登場。小倉百人一首には権中納言定頼(藤原定頼)や喜撰(きせん)法師が宇治の山や川を題材に詠んだ歌が収録されており、市内に歌碑もある。宇治署交通課は、歌で古来親しまれた地らしく交通安全を訴えながら、新型コロナウイルス感染防止の「STAY HOME」中でも楽しめるとして交通安全短歌づくりを提案した。

この記事は有料記事です。

残り270文字(全文647文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東京都内で新たに533人の感染確認 重症者は5人減の54人

  2. ドコモ新料金プラン、20ギガバイトで月2980円 5分以内の国内通話も無料

  3. 追い込まれたトランプ大統領 選挙不正訴え大演説 自身のFBに掲載

  4. 特集ワイド 菅首相の手法、強権的 有言実行、だから信じたが… 江田憲司・立憲民主代表代行

  5. 福岡市中心部の天神にサル出没 警察官や見物客らで一時騒然

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです