メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ひな14羽、鳴き声元気 調田坐一事尼古神社にカモ家族 葛城 /奈良

つがいの親ガモの前で、必死な様子で水をかいて泳ぐひな鳥=葛城市疋田で2020年5月22日午前9時29分、稲生陽撮影

 葛城市疋田の調田坐一事尼古(つくだにますひとことねこ)神社の境内にある池でカモのひな14羽が卵からかえり、可愛らしい鳴き声を上げながらつがいの親鳥を追う姿が近くの住民らの笑顔を誘っている。間もなく餌を求めて近くの川や水田に移動するとみられ、住民らは「成長したら、また子育てに戻ってきて」と話している…

この記事は有料記事です。

残り178文字(全文328文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 都知事選に出るワケ 熊本知事から「タイムリミット」示された副知事の決断

  2. 法務省「黒川氏の退職、捜査に支障ない」 定年で「重大な障害」だったのでは?

  3. コロナ鎮めて! 群馬・「妖怪」だるま

  4. 最も評価する政治家は大阪・吉村知事 2位東京・小池氏 発信好感 毎日新聞世論調査

  5. 「民度が違う」発言で麻生氏がさらした決定的な事実誤認とは

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです