メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

山陰・撮っておき

松江市 たなか餅店 「信用」売る、のれん /島根

「餅」ののれんが翻る「たなか餅店」=松江市片原町で2020年5月19日午後1時57分、鶴谷真撮影

 松江市役所のほど近く、古い商店が並ぶ片原町の一角に「餅」と染め抜いたのれんがかかっている。1920(大正9)年創業の「たなか餅店」だ。餅や赤飯のほか、初夏から7月上旬まではかしわ餅、春と秋の彼岸にはおはぎを用意。ガラスケースが鎮座する店内では心尽くしの生け花が客を迎える。

 主人の田中武詔(たけつぐ)さん(76)…

この記事は有料記事です。

残り120文字(全文277文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 首相会見 官邸職員が記者の腕つかむ 朝日新聞社が抗議

  2. ABCテレビ、報道番組「キャスト」スタッフが新型コロナ陽性 感染の女性アナと仕事

  3. 女子高生をワイヤで拘束、監禁 容疑で会社経営者を逮捕 埼玉県警

  4. 愛知県で新たに140人感染 10日連続100人超 名古屋市は72人

  5. ORICON NEWS 元アイドリング!!!の伊藤祐奈さん、巨人・北村拓己選手との結婚発表 第1子出産も報告

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです