メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

クローズアップ

公務員定年延長 迷走、突然の「一律」再考 発言、整合性欠く 野党「法案、黒川氏のため」

 東京高検の黒川弘務検事長(63)が賭けマージャン問題で引責辞任した22日、安倍晋三首相は一般職国家公務員などの65歳までの定年引き上げを見直す可能性を示した。黒川氏の定年延長を「後付け」したとの批判を浴びた検察庁法改正案から、公務員の定年のあり方に矛先を変えさせ、政権浮揚につなげたい首相。だが、政策の根幹がぶれ続け、これまでの説明との整合性が問われる。森雅子法相が進退伺を提出するなど政権内部の混乱も露呈。迷走ぶりが際立っている。

 「安倍内閣は難しい改革も成し遂げるのが売り。それをやめても支持率は上がらない」。自民党幹部は22日、不満を漏らした。首相は国会答弁で「高齢期の職員の豊富な知識、経験などを最大限に活用する」と公務員の定年引き上げの必要性を繰り返し訴えてきた。それを根底から覆し、定年引き上げ自体を見直す方針転換を表明したことは与党にとっても寝耳に水で、冷ややかな声が広がる。野党からも「黒川検事長の問題を公務員たたき…

この記事は有料記事です。

残り2754文字(全文3171文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 生田斗真&清野菜名が結婚発表「お互いを支え合いながら共にこの危機を乗り越え」

  2. 自衛隊員の「テンピン停職」知りながら…法務省、黒川氏処分の「参考にせず」

  3. 北九州の新型コロナ新たに5人感染 14日連続で累計135人に

  4. 猛毒「フッ化水素酸」か、こぼれ異臭 東京・秋葉原の路上、けが人なし

  5. 横田滋さん死去 87歳 北朝鮮拉致被害者・めぐみさんの父 家族会元代表

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです