メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ミニ論点

全人代 九州大学准教授・益尾知佐子氏/キヤノングローバル戦略研究所・研究主幹 瀬口清之氏

 今年の「政府活動報告」から見えるのは、習近平政権の困惑ぶりだ。習政権は新型コロナウイルス対策で「最善を尽くせた」と考えている。だが、国外では中国の対応への批判が拡大し、国内経済の先行きも不安定だ。彼らは被害者意識を強めており、現在の問題は外部状況のせいだと強く主張している。

 習政権は国民に自分たちの善政を誇示する一方、対外政策は全体的な方向性を見失っている。もともと政府活動報告は対外政策を説明するものではないが、主要大国や周辺国との関係に今年は言及できなかった。

 習政権が国内的な威厳を保つためには国際社会の支持が必要だ。しかし、新型ウイルスの拡大で、それが揺らいでいる。だからこそ、中国は米国による批判に敏感に反応し、対外的には強硬になった。香港に対する「国家安全法制」の提案は高度の自治を守る「1国2制度」からの大転換で、深く懸念せざるを得ない。【聞き手・米村耕一】

この記事は有料記事です。

残り447文字(全文835文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ブルーインパルス飛行「プロセスはどうでもいい」 経緯明かさぬ河野防衛相に疑問の声

  2. 小学校でクラスター発生か クラスメート5人感染 北九州・新型コロナ「第2波」

  3. 東京の感染者、新たに13人 再び2桁台に 新型コロナ

  4. 「アベノマスク」事業費約260億円 配布は37%どまり 菅官房長官表明

  5. 政府、マイナンバー「全口座ひも付け」義務化検討 来年の法改正目指す

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです