メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

新型コロナ 日銀、資金繰り支援75兆円 来年3月末まで 中小企業への融資促す

実質無利子融資を申し込む個人事業主の男性(左)。日銀はこうした融資を後押しする=福岡市中央区で2020年5月7日、久野洋撮影

 日銀は22日に開いた臨時の金融政策決定会合で、新型コロナウイルスの感染拡大で打撃を受けた中小企業などに対する資金繰り支援の強化を決めた。政府の緊急経済対策として5月に始まった民間金融機関による無利子・無担保融資を後押しする制度を新設。社債やコマーシャルペーパー(CP)の買い入れ(購入枠約20兆円)などの既存措置と合わせた約75兆円の「新型コロナ対応資金繰り支援特別プログラム」として、2021年3月末まで実施する。

 日銀の臨時会合は欧州債務危機への対応を協議した11年11月以来、8年半ぶり。6月中旬の定例会合を待たずに新制度を決定し、政府と足並みをそろえて迅速に危機対応に当たる必要があると判断した。

この記事は有料記事です。

残り1198文字(全文1501文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新型コロナ コロナ鎮めて! 群馬・「妖怪」だるま

  2. 法務省「黒川氏の退職、捜査に支障ない」 定年で「重大な障害」だったのでは?

  3. 都知事選に出るワケ 熊本知事から「タイムリミット」示された副知事の決断

  4. 具志堅会長のジム閉鎖へ 「情熱持って指導するには難しい年齢になった」

  5. 「民度が違う」発言で麻生氏がさらした決定的な事実誤認とは

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです