メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

経済観測

岐路に立つ「ホワイトカラー」=ベトナム簿記普及推進協議会理事長・大武健一郎

 新型コロナウイルスが日本経済に大きな打撃を与える中、ベトナムから来た留学生や技能実習生たちもその悪影響にあえいでいる。

 私費留学生の中には、事実上働いて稼ぐために来日した人も多いが、アルバイト先を解雇されて授業料も払えず、食費さえ捻出できずに困っている人もいる。技能実習生も雇用先が倒産したり、休業になったりして、他の企業への転職を目指しても職種が限定されているため雇用先が見つからず、やむなく帰国する人もいる。しかし、日本へ来る時に100万円程度の借金をしている人も多いので、返済できるだけの金を稼がねば戻れないと嘆いている。

 4月下旬には、ベトナム政府のチャーター機で帰国した留学生2人が新型コロナウイルスに感染していて入院した。こうした状況下で、ベトナム人も海外で働くことの怖さを知ったようだ。

この記事は有料記事です。

残り351文字(全文702文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. フジテレビ、「テラスハウス」打ち切り 木村花さん急死で

  2. 北九州市で5日連続の感染確認、計22人に 施設を臨時休館

  3. 国民民主「10万円再給付を」「消費税5%に」追加経済対策案 

  4. 摂津市、事務ミスで1500万円過大還付 60代男性「使ってしまい、返還困難」

  5. 「五輪予算で都民の命救える」早期中止訴え 宇都宮氏が都知事選出馬会見

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです