メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ソフトバンク機密情報漏えい 露元外交官を書類送検 教唆容疑

 ソフトバンクの機密情報漏えい事件で、警視庁公安部は22日、同社の元社員から情報を受け取ったとされる在日ロシア通商代表部のアントン・カリニン元代表代理(52)を不正競争防止法違反の教唆容疑で書類送検した。元代表代理は既に帰国しており、再来日の見通しは立っていない。

 書類送検容疑は2018年11月20日、首都圏の飲食店で、ソフトバンクが営業秘密としていた機密情報3件を不正に取得するよう元社員の荒木豊被告(48)=同法違反(営業秘密の領得)で起訴=を唆したとしている。荒木被告は「機密情報を入手してく…

この記事は有料記事です。

残り376文字(全文626文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「政権の終わりが見えた」支持率急落、自民主流派も首相を公然と批判

  2. 大阪モデル基準変更 吉村知事「誤解与えないため」、山中さん「信頼揺らぐ」

  3. 「アベノマスク着用」 中学校で配布プリントに記載、保護者に謝罪 埼玉・深谷

  4. 新たに21人の感染確認、1万7306人に 死者12人増、865人 新型コロナ

  5. 第2波で再び経済ストップ? 宣言解除後は「底をはい続けるL字形」との指摘も

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです