メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

新型コロナ 「国は文化を守れ」 演劇、音楽、映画連携 「基金創設」求める

文化芸術復興基金創設に関する要望書を文化庁など関係省庁の各担当者らに手渡す俳優の渡辺えりさん(中央)=衆院第1議員会館で2020年5月22日午後、滝川大貴撮影

 新型コロナウイルスの感染拡大で、活動の自粛を余儀なくされている演劇、音楽、映画の関係者が22日、経済的な損失の補塡(ほてん)などを目的とした「文化芸術復興基金」の創設などを求めて国に要望書を提出した。文化芸術の複数の業界が連携して国に要望するのは初めて。映画監督の諏訪敦彦さんは「3者がジャンルを超えて手を結び、声を上げるのは歴史的な出来事。それだけ厳しい状況に置かれているのだと理解してほしい」と訴えた。

 諏訪さんのほか、日本劇作家協会会長で俳優の渡辺えりさんやライブハウス経営者の加藤梅造さんらが、萩生田光一文部科学相、宮田亮平文化庁長官、梶山弘志経済産業相、加藤勝信厚生労働相宛ての要望書を各省庁の担当者に手渡した。

この記事は有料記事です。

残り697文字(全文1009文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「大阪モデル」初の赤信号点灯決定 知事15日まで外出自粛要請へ 学校は継続

  2. 持続化給付金の差し押さえ認めず 「事業継続支えるのが目的」 神戸地裁伊丹支部

  3. 企業の従業員向けバスを「市民の足」に 実証実験スタート 静岡・湖西

  4. 追い込まれたトランプ大統領 選挙不正訴え大演説 自身のFBに掲載

  5. ドコモ新料金プラン、20ギガバイトで月2980円 5分以内の国内通話も無料

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです