メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

追跡

家で臨場感、ハイテク観戦 コロナで窮地、スポーツ界期待

 新型コロナウイルスの感染拡大で、興行に支えられるプロスポーツは窮地に立たされている。収入の柱である放映権料や入場料収入などが見込めないためだ。野球やサッカー、バスケットボールなどのリーグ戦は再始動後、「無観客試合」などの措置が必要となる公算が大きい。関係者が期待するのがVR(仮想現実)などの先進技術を駆使した観戦スタイルだ。いつでも、どこでも楽しめる臨場感のある映像が強みだが、普及には課題も多い。【浅妻博之、黒川優、角田直哉】

 「先進技術による映像の需要は高まっており、無観客試合にも生かせる。VRは放映権の付加価値を高めて新たなビジネスとなる」。男子プロバスケットボールのBリーグの担当者が期待を込めて語る。

この記事は有料記事です。

残り2213文字(全文2521文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「昇給に影響」総務課長が職員30人にメール パワハラで訓告 東山梨消防

  2. 大阪モデル基準変更 吉村知事「誤解与えないため」、山中さん「信頼揺らぐ」

  3. 「アベノマスク着用」 中学校で配布プリントに記載、保護者に謝罪 埼玉・深谷

  4. 「政権の終わりが見えた」支持率急落、自民主流派も首相を公然と批判

  5. コロナで経済苦の女性狙う キャバクラに勧誘容疑で少年逮捕 福岡

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです