メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

五輪判断、10月山場 IOCコーツ氏見通し 豪紙報道

 来夏に1年延期された東京オリンピックの準備状況を監督する国際オリンピック委員会(IOC)のジョン・コーツ調整委員長は、10月が開催可否を判断する山場になるとの見通しを示した。22日までに豪紙オーストラリアン(電子版)が伝えた。

 コーツ氏は新型コロナウイルスの感染者が急増するブラジルを例に「先進国のような数少ない国しかこの事態には対処できない」として、206カ国・地域から1万人を超える選手…

この記事は有料記事です。

残り295文字(全文491文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 米雇用改善 トランプ氏、死亡した黒人男性にとって「素晴らしい日」と発言 非難噴出

  2. 家計支えるのに給付金の対象外…困窮する定時制の高校生 「1日1食の日も」

  3. やっぱり新型コロナ危険因子だった喫煙、肥満 「足の赤いあざ」が示す感染の疑い

  4. 「民度が違う」発言で麻生氏がさらした決定的な事実誤認とは

  5. 法務省「黒川氏の退職、捜査に支障ない」 定年で「重大な障害」だったのでは?

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです