メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

古布が醸すあわい 藤夕香個展 福岡

末藤夕香「無題」

 <土曜カルチャー>

 福岡市在住の美術家、末藤夕香の個展「レミニッサンス」が、福岡市中央区天神3の「アートスペース貘(ばく)」(092・781・7597)で開かれている。絵画とコラージュの手法を融合させた「無題」の平面10点。

 予定されていた他の展覧会が新型コロナウイルスの関係で開催できなくなったため、画廊のリクエストに応え、末藤が2011年の個展で発表した作品を寄せた。

 1964年生まれ。九州産業大芸術学部で学んだ。00年、東京・上野の森美術館で開かれた「VOCA展」に参加。02年には九州・山口の新進画家の登竜門「英(えい)展」で準グランプリに当たる優秀賞を受賞している。

この記事は有料記事です。

残り226文字(全文516文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 長崎・佐世保の小6同級生殺害 「大丈夫」は大丈夫じゃない 妹を殺された兄、川崎医療福祉大で講演 /岡山

  2. ブルーインパルス飛行「プロセスはどうでもいい」 経緯明かさぬ河野防衛相に疑問の声

  3. 「アベノマスク」事業費約260億円 配布は37%どまり 菅官房長官表明

  4. 小学校でクラスター発生か クラスメート5人感染 北九州・新型コロナ「第2波」

  5. 講演 被害者は家族にも話せぬことある 佐世保・小6同級生殺害事件を取材、毎日新聞・川名記者 /群馬

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです