メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

新型コロナ 愛知県が休業要請追加解除 再開時期、遊園地は混乱 発表不明瞭、一旦営業→再休業

岐阜城とともに営業再開した大河ドラマ館で入場前に検温する来場者=岐阜市大宮町2で22日

 愛知県は22日、新型コロナウイルス感染拡大に伴う遊園地やパチンコ店、ネットカフェなどへの休業要請を解除すると発表した。15日以降、段階的に解除してきたが、県の発表の表記がわかりにくく、一旦営業を再開、指摘を受けて22日に再休業に入った遊園地もあり、関係者に混乱が広がった。

 長久手市の県営公園「モリコロパーク」内にある遊園地は、委託先業者が17日に営業を再開したが、第三者の指摘を受け、22日に再び休業したばかりだ。県公園緑地課によると、15日以後の解除の動きを受けて公園内の施設が再開し、業者が遊園地も再開できると判断したためという。23日に改めて営業を始める。

 蒲郡市の複合リゾート施設「ラグーナテンボス」が運営するテーマパーク「ラグナシア」も、22日の営業再開を発表済みだったが、20日に県から指摘を受け、翌21日に再開延期を発表した。担当者は「県が休業要請を緩和した際の資料に、要請継続施設としてテーマパークや遊園地などの明記がなく、県営公園も再開しているので大丈夫だと思った」と明かす。

この記事は有料記事です。

残り1306文字(全文1755文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「人としてあるまじきこと」 不倫報道の埼玉県議が議員辞職

  2. 大阪のタワマン29階から男性転落死 警視庁が詐欺容疑で家宅捜索中

  3. 10万円を2196人に二重給付 大阪・寝屋川市、計2.1億円返還求める

  4. 与党、国会延長せず失態逃げ切り 野党批判回避狙う 2次補正成立急ぐ

  5. 北九州で新たに21人感染確認 23日連続ゼロから一転、6日連続で感染者 「第2波」に危機感

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです