メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

NY株続落、8ドル安 香港巡る米中対立激化への警戒感が重しに

ニューヨークのウォール街(ゲッティ=共同)

[PR]

 22日のニューヨーク株式市場のダウ工業株30種平均は続落し、前日比8・96ドル安の2万4465・16ドルで取引を終えた。米中対立激化への警戒感が相場の重しとなった。

 中国による香港での国家安全の法律制定に関する決定草案を巡って、米国が中国を批判していることが材料視された。一方で、米経済活動再開の動きを受けて、景気回復への期待感が相場を下支えした。

 ハイテク株主体のナスダック総合指数は39・71ポイント高の9324・59と反発した。

 銘柄別では、石油のシェブロンや建設機械のキャタピラーが安かった。アップルなどIT関連株は堅調だった。(共同)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 米雇用改善 トランプ氏、死亡した黒人男性にとって「素晴らしい日」と発言 非難噴出

  2. 家計支えるのに給付金の対象外…困窮する定時制の高校生 「1日1食の日も」

  3. やっぱり新型コロナ危険因子だった喫煙、肥満 「足の赤いあざ」が示す感染の疑い

  4. 「民度が違う」発言で麻生氏がさらした決定的な事実誤認とは

  5. 法務省「黒川氏の退職、捜査に支障ない」 定年で「重大な障害」だったのでは?

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです